読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

皆様は、「ソフィーの世界」を覚えていますか。

こんにちは。
本日はクルシミマス…じゃなかったクリスマスイブです。

さて、皆様は「ソフィーの世界」を覚えているだろうか。
(現在は新装版が2011年に登場しているようです。↓)

オムニ7 - セブンネットショッピング|ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙 上 新装版 通販

この本が不気味とも思えるブームとなっていたのは、私が高校を卒業し、大学に入学したころだったかなあ。1990年代後半だった。

ところで、「ソフィーの世界」の発行元は「NHK出版」である。
いうまでもなく、日本の自称「公共放送局」、NHKの「子会社」である。

現在のスクウェア・エニックスが「月刊少年ガンガン」で、コーエーテクモゲームスが「歴史小説」でそれぞれ「総合出版業」に乗り出したのも1990年代だった。

両社と期を同じくして、NHKも「ソフィーの世界」で総合出版業に乗り出したのは実に興味深い出来事だった。

三社とも、「総合出版業」に乗り出す前から、出版業は営んでいた。
スクエニコーエーテクモは自社ゲーム作品の公式ガイドブック*1NHKは主に教育番組や語学番組などのテキストや「連続テレビ小説」「大河ドラマ」などのガイドブックを発行していた。

その後、NHKは新書シリーズ「生活人新書」もリリース。
あの悪名高き「ゲーム脳の恐怖」も同シリーズから発売されている。

以上に挙げた三社以外にも、2000年代に入ってからはソフトバンク*2富士通系列の「FOM出版」などIT企業が出版業に乗り出すケースが見られた。

こうしてみると、出版業とはなんともフリーダムだなあと思ったりする。
そう言えばNHKスクエニ同様に漫画雑誌を発行する計画があったんだっけ。
機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインを手がけたことで知られる「安彦良和」氏の歴史漫画を目玉コンテンツにする予定だったと記憶している。

それでは。

*1:エニックスの場合。旧スクウェア作品は当時、主に「NTT出版」から公式ガイドブックが発売されていた。

*2:現・SBクリエイティブ。