読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

オリンピックはスポーツサイボーグの祭典…それでいいのか。

スポーツ&フィットネス

おはようございます。

(記事を折りたたみます。)

オリンピックの真っただ中、こういう記事を見つけた。

lite-ra.com

昔はどうだったかは知らないが、今は幼少から「英才教育」を施さないととても世界トップクラスのアスリートにはなれないといわれている。

しかし本当に幼少のころから親やコーチが罵詈雑言飛ばしているんだよなあ。
ここまでやるか…という話。

もはや彼ら彼女は人間ではないと思う。
スポーツサイボーグだ。*1

人間らしさを失った「スポーツサイボーグ」たちに対し、「ショー・ザ・フラッグ」と見ている人が絶叫し、「金メダルとらなきゃ殺されるかもしれない」というような雰囲気が作られる。

果たしてそれでいいんだろうか。

 

そんな中で、男子マラソンで「カンボジア代表」として出場する猫ひろし氏は実に興味深いと思う。
「スポーツサイボーグ」「ショー・ザ・フラッグ」両方に一石を投じているという意味で。

私が「スポーツサイボーグ」たちについて一番気がかりなのは、引退して一線を退いた時だと思う。
それはまた後日綴る。

それでは。

*1:かつてキャプテン翼ワールドユース(現在はU-20ワールドカップに名称変更)編で、ブラジル人選手の「カルロス・サンターナ」が自嘲気味につぶやいたセリフ「サッカーサイボーグ」から命名。彼自身も今回取り上げた記事の選手たち同様の「英才教育」を受けた。