豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

スポーツ専門チャンネルだけではない。各ジャンル専門チャンネルをNHKは作るべきだ。

こんにちは。

先日、ウインブルドン中継で「ハートネットTV」が潰されて憤ったことを綴った。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

 ここで私は「NHKはスポーツ専門チャンネルを作るべきだ」と綴っているのだが、この間の参議院議員選挙速報で大河ドラマ真田丸」のファンが混乱したという記事を拝見し、「これはスポーツ専門チャンネルだけ作ればいい問題でもないなあ」と思った。

www.msn.com

私の場合は高校時代の1990年代後半からNHKには親しんでいるので「繰り上げ放送」には慣れっこだが、普段あまりNHKを見ない人が最近になって「連続テレビ小説」や「大河ドラマ」を見るようになっているためにこのような混乱が起こるものと思われる。

私は思った。
こうなったら各ジャンル専門チャンネルの創設をNHKに要求する。

私の提案はこうだ。

  • 「Iテレ(Infomation)」
    従来の総合テレビ。ニュースや地域情報を中心に放送する。
  • Eテレ(Education)」
    これは現在のEテレとほとんど同じ。ただしバラエティよりの番組や、趣味や暮らし関連は後述の「Enテレ」「Lテレ」に移管する。
  • 「Nテレ(NEWS)」
    ニュースや報道、ドキュメンタリーを中心に放送する。国際ニュースもこちら。
  • 「Enテレ(Entertainment)」
    バラエティや音楽、ドラマなどエンタメジャンルを放送する。
  • 「Sテレ(Sports)」
    以前から私が申している、スポーツ専門チャンネル。
  • 「Lテレ(Lifestyle)」
    暮らしや趣味、福祉関連はこちらで放送。「きょうの料理」「趣味の園芸」「ハートネットTV」などがこちらに移管。

大体こんなところかなあ。

しかしこういう提案も、NHK上層部は「放送法がね…」とか言ってやらないんだろうなあ。
今回の参議院議員選挙では自民党など政権与党が大きく伸ばし、憲法改正も視野に入ってきたらしいが、憲法だけでなくNHKの在り方も改正を検討すべきではないだろうか。

それではまた。