豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。最近は「NHK」が中心です。

実は高校野球は「祭り」だったんだよ!(なんだってー!?)

こんにちは。¡Hola amigos!

以前からずっと私は「高校野球が大嫌い」であることを綴っているが、その一番の理由は、

たかが高校生のチームが、まるで地元のプロクラブチームみたいに扱われる

ということだ。
そしてもう一つ、

インターハイ高校総体)をないがしろにして高校野球のみをスポーツ報道はクローズアップする

ということも。

前回記事を綴ったあと、高校野球に関する論評を漁っていると、こんな記事を見つけた。

『夏の大甲子園祭』 陽気(やうき)の所為(せゐ)で神も気違(きちがひ)になる――夏目漱石『趣味の遺伝』より 玉木正之コラム「スポーツ編」バックナンバー

スポーツライターとして名高い「玉木正之」氏の公式サイトに載っていた記事。

詳しいことはぜひ全文を読んでもらいたいとして…

(前略)そして、そこで、見て、感じたことは、「夏の甲子園」が、比喩や修辞ではなく、紛れもない「祭り」そのものである、という事実だった。

なるほど、実は高校野球は「祭り」だったんだよ!
(ΩΩΩ<な、なんだってー!?)

いやあ、本当に「なるほど」と思ったよ。

  • 暑い中、投手が通算何百球も投げ続けること。たとえそれが原因で体が壊れてしまっても…
  • プロ野球(というよりも阪神タイガース)に「死のロード」という大きな負担をあたえてまでも「甲子園球場」にこだわり続ける
  • 批判や改革への提言は無数に飛び交うがほとんど黙殺*1
  • 形骸化した「教育の一環」

などなど…

これらすべてが「祭り」の一言で片づけられるわけですな。
ゆえに地元のNHKは(母校でもないのに)「地元の高校を応援しましょう!!」「頑張れ(各地方)勢」などとのたまい、視聴者に押し付けてくるのである。
地元のチームを応援するのなら「Jリーグ」「Bリーグ」あるいはそれこそ「インターハイ高校総体)」でもいいはずなのだが…*2

あと、最後にこういうことも綴られているのだが、

  多くの他の祭りが、豊作、無病息災、邪気払い……といった本来の目的から離れて、民衆の精神と肉体の解放の場と化しているのと同様、(後略)

この辺はわが国日本の「国民の祝日」もそうだわな。
国民の祝日」の大半は天皇・皇室の祭事が由来*3だが、たいていはそんな由来など誰も知らないし知ろうともしないだろう。
5月3日の「憲法記念日」もそうで、この日は各所で「これを機に『日本国憲法』についてもっと深く考えよう」という趣旨のイベントも開催されるが、ほとんどは「春の大型連休(ゴールデンウィーク)の後半」程度の認識でしかないだろう。
たいていこれら祝日は「行楽日和」ということで旅行や里帰りetcに励むだろう。

そして高校野球、とりわけ夏の甲子園は「夏休み」「盆休み」の時期の一大イベントとしてうまく入り込んでいる。
一昨年からはこの時期の国民の祝日「山の日」も制定された。

それにしても、「祭り」という視点は本当に目からうろこが落ちた気がした。

(追伸)
あと、「高校野球が大嫌い」な身として鑑賞したい映画がある。

映画『ザ・ビッグハウス』公式サイト|想田和弘監督 観察映画第8弾

想田和弘」氏の「観察映画*4」の最新作で、「アメリカの大学アメフト」を描いている。
日本の「高校野球」とアメリカの「大学アメフト」って結構似ているところがあるんだよねえ…

  • 一大学のイベントにとどまらず、地域総出で盛り上げようとする
  • ここでも形骸化している「教育の一環」。もはやプロ選手(NFL)予備校と化している。指導者もプロとして多額の年俸をもらっている
  • 多額のカネとヒトが動きまくる

これもまた、「祭り」だからなんでしょうね…

それでは。

*1:せいぜい延長戦が15回で翌日順延になったことと、「タイブレーク」が導入された程度か。

*2:いまや47都道府県でプロ野球や野球独立リーグJリーグBリーグいずれかのチームも存在しないところは宮崎県と和歌山県だけだ。くわしくはこちらの過去記事を。

*3:ゆえによく「祭日」という言葉も用いられる。

*4:ナレーションなし、BGMなしのドキュメンタリー映画

やっぱり私は高校野球が大嫌いだ。

こんばんは。¡Buenas noches!

昨日、NHKEテレ番組「バリバラ」を見ようと思ったら…

高校野球の一試合が延長戦になっていたらしく、高校野球中継が終わっていなかった。

このとき、本当にNHK高校野球中継に殺意が沸いたわ。
↓参考の過去記事

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

この間放送していたNHK高校野球特番では、「総合・Eテレの二元中継をやるようになったきっかけは延長戦で既定の放送時間に終わらざるを得ず中継を打ち切ろうとしたらNHKに抗議が殺到したから」らしいが…

昔はそういう「苦肉の策」でもよかったかもしれないが、もう「総合・Eテレの二元中継」をやめて「地上波のスポーツ専門チャンネル」を創設し、そこで高校野球を放送すればいいじゃないのかと思う。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

それにしても、高校野球は本当に「得なイベント」だよなあ。
高校だけでなく地元の街まで紹介され、各種スポーツ報道ではまるで「リーガエスパニョーラ*1」並みの取り上げ方をするなどね…
一方で社会人野球、たとえば都市対抗野球ではこんな報道はしないものなあ…
ともに「ふるさとの代表」のはずなんだけど…

やっぱり私は高校野球が大嫌いだ。

それではまた。

*1:金に糸目をつけず全世界からスターを呼ぶ「レアル・マドリード」「FCバルセロナ」がある一方で、北部バスク地方の球団「アスレチック・ビルバオ」はバスク地方出身者しか雇わないなど地域の特色が出ていることで知られるサッカーリーグ。前者両球団と後者は高校野球の私立・公立の関係に似ている。

NHKの思い出・第九回「クイズモンスター」

おはようございます。¡Buenos dias!

今日から職場は盆休みなのであるが、この盆休みの時期(8月中旬)はNHKでは「夏の特集期間」としてレギュラー番組は小休止になり、単発の実験的な特集番組が放送されるんだわ。

そこから、来春の番組改編期に一部がレギュラー番組(新番組)化することもある。

今回のシリーズ連載「NHKの思い出」は、そんな「実験的な特集番組からレギュラー化した番組」を紹介する。

第九回「クイズモンスター」

この番組は、たしか2000年代中盤の時期の放送だったなあ。

「特集期間」に何回か放送された後、土曜日の夜にレギュラー番組化したんだっけなあ。

「トレカゲーム(TCG)」をモチーフとしたクイズ番組

この番組は、毎回二人のゲストが「カード」に見立てた自身の家族や知人を「召喚」してクイズ対決をさせ、どちらが多く正解するかを競う内容である。

この時期流行していた「マジック:ザ・ギャザリング」「デュエルマスターズ」「遊戯王」などの「トレカゲーム(TCG)」をモチーフとしている。

「カード」にはその出演者の得意・苦手なクイズジャンルが綴られていた。

「コモンカード」であるゲストの家族や知人のほかに、「レアカード」と称して大学教授や弁護士タレントなど「インテリ系」が「召喚」されることもあった。

どちらかというと「クイズ三国志大戦」?

ただ、この番組を見ていて私は「どちらかというとこれは『三国志大戦』ちゃうかなあ?」と思った。

山札からカードを引く形ではなく、手札の中身はすでに対戦相手に明らかになっている。
何十枚も「デッキ」を組むわけでもない。

これは私がこの時期のめりこんでいた「三国志大戦」に近いのではないかと思ったのである。

結局短命で打ち切り

レギュラー化はしたものの、あまり人気は出ずに1年あまりで「クイズモンスター」は打ち切りになった。

ただ私としては「ゲストの家族が解答者」という点で「クイズ100人に聞きました(TBS)」をほうふつとさせる内容だったなあと思う。

それにしてもここ数年は「特集番組」はレギュラー化されず「特集番組」のままで姿を消すのが多くなったなあ。*1

それでは。

*1:個人的には「はに丸ジャーナル」がレギュラー化されなかったのが残念だった。

最近綴っていなかったゲームの近況報告。

こんばんは。¡Buenas noches!

久しぶりに今回はゲームの近況報告。

戦極姫・乱

youtu.be

久しぶりに武将10連ガチャを実施。
このときのピックアップは季節外れのクリスマスのコスチュームキャラ。
結果は動画を見てね。

大航海時代5

最近またやり始めた。
で、船舶調達でいいものが当たったんですよ。

f:id:sgtyamabuunyan:20180809203455p:plain 
なんと防護戦列艦が降臨した!
しかも一番最高級の価値10!

f:id:sgtyamabuunyan:20180809203608p:plain 
で、クラスも最高の「X」。

最近暑さで全然やる気出なかったが、これらのゲームは頑張って進めたいと思う。

それでは。

 

いよいよ今日から…

おはようございます。¡Buenos dias!

いよいよ今日からNHKでは高校野球中継だ。

相変わらず総合とEテレの二元中継。
これでEテレは放送スケジュールが相当に狂う。*1
何度も言うが本当に「スポーツ専門チャンネル」をNHKは作るべきだと思う。
しかしこれをやったらスカパーやJ:COMJ SPORTSGAORAあたりは

民業圧迫だ!!」

って言うんだろうなあ…

あと、昨日までNHK高校野球の特別番組を放送していたが、これのインターハイ(全国高校総体)バージョンも本当はやるべきなんだよなあ…
室伏広治」氏*2あたりを映したら面白いと思うけど。

それでは。

*1:特にハートネットTVがね…

*2:高校は成田高でした。

別の競技の「甲子園」、そしてインターハイ。

こんにちは。Hola amigos!!

全日本ビーチバレージュニア男子選手権

f:id:sgtyamabuunyan:20180804094635j:plain 

以前予告していた、「別の競技の『甲子園』」を観戦してきた。
「全大阪」ではない。「全日本」の大会である。

大阪・阪南市から岬町にかけての「せんなん里海公園」。
その阪南市側のエリア「ぴちぴちビーチ」で毎年開催されている。
つまり「ぴちぴちビーチ」は「ビーチバレーの甲子園球場というわけだ。
南海電車「箱作駅」から徒歩15分くらいで行けるか。
私も電車に乗ってここへ来た。

f:id:sgtyamabuunyan:20180804095711j:plain

お布施も兼ねてパンフレットも購入。*1
出場チーム・選手も掲載されている。
公立・私立、大体同じくらいの割合。
私立の独壇場となった高校野球と比べて公立が頑張っているな。

f:id:sgtyamabuunyan:20180804103350j:plain 

見ていて、とても面白かった。
バレーボール&テニスのダブルスといった趣。
フェイント*2が決まると会場が沸いた。

ビーチバレーはオリンピックの正式種目である。
もしかしたらここからオリンピックのメダリストが輩出されるかもしれない。
高校野球だけでなくこういう競技の「甲子園」も観戦*3してほしいところである。

インターハイ(全国高校総体

インターハイ「2018 彩る感動 東海総体」

今回はビーチバレーだけを綴ろうかと思ったのだが、偶然NHKEテレで「インターハイ(全国高校総体)」の陸上競技の放送があったのでこのことも綴る。

円盤投げですごい選手が出ていた。

岐阜県・市立岐阜商の「山下航生」という選手。

予選で高校記録を更新。
そして決勝ではさらに数回の投てきで2度記録更新。
60メートルに迫る記録で断トツ優勝。2位の選手に10メートル以上の差をつけて。
それでも本人は「60メートルを越えることができなかった」と少し悔しそう。

スポーツジャーナリズムはこういう選手こそ「怪物」として取り上げてやれよと思う。
松坂大輔」氏並みにさあ。

今日はここまで。

*1:観戦自体は無料。

*2:相手のネット手前に落とすこと。ビーチバレーではこの際、指先に触れる形で落とすと反則。パンチングで落とす必要がある。

*3:この場合、スポーツジャーナリズムによる取材も含む。

奈良判定。

こんにちは。

最近、「奈良判定」という言葉が話題(パワーワード)になっているそうだ。

なんでも、アマチュアボクシングの各種全国大会において奈良県代表の選手にどんなに無様な試合をしていても勝たせてあげるようなことらしい。*1

要は八百長ですわね。

私が思うに、こういうのってきちんとテレビで中継放送すれば防げるようなものだと思うけどなあ…
以前から綴っている「高校野球はテレビ放送してインターハイ(全国高校総体)はダイジェストしか放送しない」問題。

今日はここまで。

*1:競技団体の会長が奈良県の人だかららしい。