豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。最近は「NHK」が中心です。

スポーツイベントの「すごい一体感コンテンツ化」の裏には「震災」がある…

こんばんは。Buenas noches!!

前回、ワールドベースボールクラシックWBC)の2006年大会においてイチロー氏が韓国チームの態度に不快感を示し、それが各種メディアで「拡散」されて「嫌韓」の醸成が決定的になったことを綴ったが、その当時のワイドショーにおいて、
イチロー氏は自分自身だけのために戦っているのではない、自分の裏に『日本国民の思い』を背負っているからあんな態度をとったのだ」

という伝え方をしたんだよねえ。
で、そういう考えに至ったきっかけとして、

阪神淡路大震災

を挙げた。
当時「旧オリックス・ブルーウェーブ」の一員だったイチロー氏。
「自分たちは震災復興のシンボルだ。自分たちの戦いの裏に、被災者たちの思いを背負っているのだ」という思いを抱いていたことは容易に想像できる。

そういえば2011年のサッカー女子ワールドカップでは日本代表「なでしこジャパン」が優勝したのであるが、決勝戦前日にチームの監督が「東日本大震災」の映像を選手たちに見せ、

「お前たちの戦いの裏には震災の被災者、そして日本国民たちの思いがあることを忘れるな!」とげきを飛ばしたという。

いずれも震災をきっかけに、わが国日本におけるスポーツイベントが「すごい一体感コンテンツ」になっていったんだよなあ…
ゲーム音楽*1による震災復興ソングが流されたりしてねえ…
そして「アジア周辺諸国は大震災の発生を大変喜んだ。なんて卑劣な連中だ」とディスることも忘れなかった。

そして昨日は羽生結弦氏のパレードがわざわざNHKによる中継までされて実施されたり…
羽生氏はもはや現代の「震災復興のアイドル=偶像」になってしまったなあ…
そして東京オリンピック2020も「震災復興」をアピールしているものなあ…

それでは。

*1:ちなみにこの方のデビュー曲は「三國志(1985年)」でした。以前「信長の野望全国版(1986年)がデビュー曲」と綴ったが訂正します。

東京オリンピック2020が、「一九八四年」の「二分間憎悪」コンテンツになりはしないか…

こんにちは。Hola amigos!!

以前から何度か綴っている「2020」問題。

昨日、ちょうど「100分de名著」の特別編「100分でメディア論」(の再放送)を見た。

その中で、「一九八四年」という小説のことが紹介されていたのだが、その中で「二分間憎悪」というエピソードが興味深かった。

「国家」への反逆者のことをひたすらぼろくそに罵って憎悪を煽るコンテンツ。
私が(現在無期限更新停止中の)姉妹ブログで綴った「憎悪ポルノ」とほぼ同義であろう。
その後で「国家の統治者=ビッグブラザー」をたたえることも忘れない。

さて、オリンピックはじめ国際スポーツイベントが「感動ポルノ」「国威発揚」「ショーザフラッグ」コンテンツであることは論を待たないが、最近は(主にアジア周辺各国民、およびこれらをルーツに持つ人たちに対する)「二分間憎悪=憎悪ポルノ」コンテンツにもなっているような気がする。

よく「FIFAワールドカップ2002日韓大会」における韓国チームのラフプレーへの批判が「嫌韓」の始まりと言われているが、私の認識では「ワールドベースボールクラシックWBC)」においての韓国チームの態度が決定的ではないかと思う。

グループリーグで韓国チームが日本チームを下し、マウンド上に国旗を立てた。これにイチロー氏が不快感を露わにし、日本のマスメディアも「韓国許すまじ」「イチローの不快感は当然だ」などと騒ぎ立てた。
これで、オリンピックはじめ国際スポーツイベントが一種の「国家間戦争」であるという共通認識が醸成されたのだと思う。

さて、東京オリンピック2020が、「ショーザフラッグ=国家間戦争」として騒ぎ立てるのは明らかとして、先ほど綴った「二分間憎悪=他民族蔑視・憎悪」のコンテンツにもなるんだろうなあと私は危惧している。
今年の平昌オリンピック2018でもカーリング女子チームが食べていたイチゴに対して「これは日本産イチゴを韓国が剽窃したもの」といういちゃもんがあったしなあ…

そう言えば今日は羽生結弦氏の祝賀パレードがNHKで中継されるんだっけ。
以前にも綴ったが羽生結弦氏がスゴイのであって「日本スゴイ」わけではないからな。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

それではまた。

今月からの「あさイチ」、またテロップを目に痛い配色にしやがって…

こんにちは。Hola amigos!!

NHKの「あさイチ」は、今月からパーソナリティが変わっているのだが、同時にテロップも変わっていた。

 

はっきり言って目に痛い配色だ。
まるで昔流行った「ボディコンお立ち台ギャル」みたいな雰囲気だ。
しかも画面右端にドッカーンと鎮座。

2017年から今年3月までのテロップは本当に配色面でましだったけどなあ…

 

ちなみにそれ以前も目に痛いテロップだった。

 
赤や黄色がなんともどぎつくて見ていられなかった…

あと、「あさイチ」で困るのは録画するとき。
予約機能を用いて録画すると、「今日の特集」コーナーしか見たくないときにどうしても9時過ぎ以降のコーナーも入り込んでしまうんだよなあ…

それでは。

「2020」ばかり叫んで「2019」を叫ばない愚行。

こんにちは。hola amigos!!

前回記事で「ハートネットTV」のコーナーに「2020」をつけることについて綴ったが、このように「2020」を叫ぶことへの違和感を持っているのは私だけだろうか。

たとえば「2020」ばかり叫んでいる一方で、なぜか「2019」は叫ばれない…

2019年はラグビーのワールドカップがわが国で開催されるのだよ?

www.rugbyworldcup.com

その割にはラグビーを盛り上げようという機運が全然感じられないんだが…

実際、私が愛読している元ラグビー日本代表の「平尾剛」氏のコラムでもこんな一文がある…

平尾 剛 | コラム | 住ムフムラボ

  ラグビーW杯が来年秋に日本で開催されるのをご存知だろうか。アジア初開催という記念すべき大会にラグビーファンは心を躍らせているのだが、ラグビーがまだまだマイナースポーツなここ日本では、このエキサイティングな事実を知る人は少ないと思われる。
(太字強調は引用者)

 本当は何が何でも盛り上げないといけないんだけどねえ…

ラグビーといえば、今年に入ってからJ:COMの地域チャンネルではラグビーの情報番組をやるようになった。連続テレビ小説の時間帯で放送されているこれ。

c.myjcom.jp

トップリーグはもちろん、高校生、中学生、そして小学生の大会情報も網羅している。
ラグビーにも「春のセンバツ」大会があることもこの番組で知った。

www.highschool-rugby.com

それにしても、やはり「2019」が盛り上がらないのはラグビーが「スポーツを通じた国威発揚」としての価値が低いからなのか?
そうだとすれば本末転倒やで。
まずは「文化としてのスポーツ」を根付かせることからやろ。
この国に住む人みんながスポーツに気軽に触れられる環境づくり。

それでは。

最近はハートネット系列にも「2020プロパガンダ」が入り込むようになったか…

こんにちは。
今日はNHKの話。

最近はNHKの番組に「2020」が付くようになった。
言うまでもなく「東京オリンピック2020」のことである。

サンデースポーツ」の場合はまあわかる。スポーツ情報なのだから。

www1.nhk.or.jp

わからないのはハートネットTVの月曜企画「ブレイクスルー」である。

www.nhk.or.jp

今月から「ブレイクスルー2020」と企画タイトルが変更された。
おいおい、こんなところにも「2020プロパガンダ」かよ…

今月から新しくなったといえば、連続テレビ小説と最近は弊ブログで同番組の傾向を揶揄している日経新聞私の履歴書」。

今月の「私の履歴書」はジャパネットたかた創業者の「高田明」氏。
もうこれ、連続テレビ小説になってもおかしくない内容だな…*1

  • 大学卒業後ほとんど「ぶらぶら」状態
  • 「家業のカメラ店を手伝え」と言われ帰郷
  • 飲食店の看板娘に一目ぼれ、のちに結婚
  • etc

まだ5日目だが久々にのめりこみそうだ。

それではまた。

*1:実際、高田氏自身NHKの番組にゲスト出演されている。「知恵泉」など。

【近況報告】「戦極姫・乱」で最高級が来てはくれたけど、基本的にくじ運は悪い方…

おはようございます。もう3月も終わりか…
今回も近況報告。

戦極姫・乱

今回も武将召喚(ガチャ)の実施動画を紹介。
今回はうまく最高級(SSR)が来てくれたのだ。
詳しくは動画を見てね。

youtu.be

ドラゴンクエストライバルズ

動画のテロップでも綴ったが、最近のドラゴンクエストライバルズでの最高級(レジェンドレア)の出なさ加減は目に余る…
結局前回投稿動画からちまちまパック開封してきたがチャージカウント29まで振り切れてしまった…

で、そのとき当たった最高級…

 
男シルビア…
対戦相手の一部がうまく使いこなしていたが、基本ちぐはぐで唐変木な手を打つことしかできない私には使いこなすのはむつかしいかな…
また次回からはゴールド貯めて10連続開封動画作る。

それではまた。

【近況報告】パラダイス・ベイと大航海時代5のこと。

こんばんは。前回に続き今回も近況報告。

パラダイス・ベイ

本日まで開催された貿易祭だが、今回から大幅変更があった。

 

今回から目玉賞品であるペットは最初からステッカーの形で供給され、また各レベルごとに難易度(イージー、ノーマル、ハード、レジェンド)が設けられるようになった。

  • イージーは250ポイント
  • ノーマルは750ポイント
  • ハードは1500ポイント
  • レジェンドはおそらくハード以上のポイントが必要

ああ、ずいぶんしんどい内容になってしまったなあ…
ハードレベルで従来のレベル6~7くらいのポイントを貯めねばならないから…

大航海時代5

こちらは無事サービス生誕4周年を迎えた大航海時代5。

f:id:sgtyamabuunyan:20180328185452p:plain

今回から「宝の地図」「航海日誌」機能が追加された。

f:id:sgtyamabuunyan:20180328184653p:plain 
各所で手に入る「宝の地図」を元手に海上を探索し、沈没船や宝箱を発見する。
宝箱はこじ開けるか鍵を用いる。

f:id:sgtyamabuunyan:20180328184835p:plain 
開錠に成功するとこんな豪華な報酬が手に入る。
ただしこじ開ける場合は大体壊れてしまうことが多い。

f:id:sgtyamabuunyan:20180328184955p:plain 
今回はストーリーチャート「航海日誌」機能も追加。
ストーリーの進行状況はもちろんのこと、真正海図関連で次のストーリーに進行するための条件も確認できるようになった。
今までは攻略サイトを見るしかなかったからなあ…次のストーリー進めるための条件を調べるためには。
既に調査状況を100%にした海図を再調査する必要もあるし。

それでは。