豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

引退したアスリートにこそ、ジョブコーチが必要だ。

こんにちは。
台風9号が東日本を直撃しているようですが、こちら西日本は猛暑の真っただ中やでえ。
37、38℃はもはや当たり前やでえ。
(今回も長くなるので折りたたみます)

さて、リオデジャネイロオリンピックが終了した。
ようやくNHKも正常の番組編成に戻る…と思いきやパラリンピックもあるんだよなあ。

さて、オリンピック始め、国際的な舞台で活躍したアスリートも、いずれ引退する。

引退した後、各種メディアでの解説者や、テレビタレントなどに転身するならいざ知らず、ほとんどのアスリートは会社員など労働者になるだろう。

しかし、そのアスリートたちは「世間知らず」であることが多い。
幼いころから「スポーツサイボーグ」として育てられたため、「社会で生きていくための常識力」が著しく欠けてしまっている。
この間紹介した「闇バクチでウン千万円すったバドミントンのトップ選手」なんかその例だろう。

こうした人間たちが何のサポートもないままに社会に出る(労働者になる)とどうなるか。

社会不適応の症状を引き起こすだろう。

まず、職場に定着することがとてもできない。
また、伴侶や子がいる人の場合、DV(ドメスティック・バイオレンス)を引き起こす可能性もある。
その他、金がらみ、人間がらみの事件が後を絶たない。

中でも悲惨だったのは、元日本代表のあるプロサッカー選手のケースだ。

ここ数年の彼は各球団から戦力外通告を受けまくり、相当荒れていた。
妻子に対しても暴力を振るい、ついには離婚した。*1
そして、自動車事故で死亡…。

本当に、痛々しい。
何とかならなかったのだろうか。

そこで提案。

こうした元アスリートたちにこそ、「ジョブコーチ」が必要なのではないかと思うのだ。

「ジョブコーチ」とは、職場への適応を支援する専門員のことである。
詳しくはこちらをどうぞ。

www.jeed.or.jp

私自身本当にお世話になった制度であり、弊ブログでも(あるHIKIKOMORI当事者への提言として)以前に取り上げている。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

現在、「ジョブコーチ」は各種障がい者のための制度とされている。
しかし、私は社会不適応状態にある者、そして元アスリートたちにこそ必要だと思っている。

ジョブコーチというのは「代理人」である。
ほら、プロスポーツの世界でよく「代理人」というのがいるでしょう。
アスリートに成り代わって、各種契約やメディアへの対応などをしてくれる専門家。

ジョブコーチも同じだ。
当事者に成り代わり、職場環境に適応するための手はずを整えてくれる。
仕事を進めるためのアドバイスはもちろん、上司や同僚にたいしても「職場での理解・配慮」を促してくれる。

先ほどのプロサッカー選手も、こういう制度があれば、あんなに荒れることもなかったのではないか。

「ジョブコーチのアスリート版」。
スポーツ庁あたりが主導して制度を作るべきだと思う。
アスリートたちが尊敬される存在であり続けるために。

それではまた。

(追伸)
NHKがオリンピックを振り返るニュースでさらっと恐ろしいことを言っている。
そのことを取り上げたツイートを紹介する。

 その前に第三次世界大戦で東京オリンピック2020はパーになるんじゃないかと思っている。

*1:その際、子供のためと思って離婚を渋っていた妻に、子供たちが「自分たちのことは心配しなくていいから、離婚してもいいよ」と励ましたそうだ。相当目に余る事態だったと思われる。