ぶた猫ぶーにゃんのゲーム&趣味日和

私、ぶた猫ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。最近は「NHK」が中心です。

「はだしのゲン」こそ、連続テレビ小説にふさわしいのでは?

おはようございます。¡Buenos dias!

今日は広島に原子爆弾が落とされて74年目の日。

この間、その「広島と原爆」を描いた漫画「はだしのゲン」を読んだ。
そして読んでいて思った。

はだしのゲン」こそ、NHK連続テレビ小説にふさわしくないか?

連続テレビ小説は戦中・戦後を描いた作品が多い。
しかし、「戦争がもたらした凄惨さ」を描いたものはほとんどない。
せいぜい同じNHKが地上波初放送をしたアニメ映画「この世界の片隅に」程度の描き方しかしていない。

でもまあ、「はだしのゲン」は無理でしょうね。
焼け死に、体に蛆がたかっているさまだとか、主人公が知り合った少年が人を殺し「やくざの手先」になってしまうなど、ゲームソフトで言えば「CERO:Z指定」のシーンが多いから。
それにこんな凄惨な事態をもたらした「戦争責任」*1について鋭く問うてもいるし。

でも見てみたいなあ…連続テレビ小説はだしのゲン」…

それでは。

*1:特に当時の国家元首であった「現人神=天皇」とかね…