豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。最近は「NHK」が中心です。

そういえば来年は「戦後75年」なんだなあ…というわけでNHKの思い出・第17回「NHKスペシャル・戦後50年 その時日本は」

こんにちは。

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

皆さんいかがお過ごしでしたか?

今年の大型連休(ゴールデンウィーク)は本当に異質だったね…
どこへ行っても「令和」「奉祝」とかのポスターのある事よ…

そういえば、わが国ニッポンでは「西暦」「和暦(元号)」のほかに、

「戦後●●年」

という表し方もやっているんだよなあ…
ちなみに来年2020年は「戦後75年」である。

というわけで今回はNHKの思い出第17回として、24年前に放送していたNHKスペシャルの大型シリーズ「戦後50年 その時日本は」を綴る。

戦後50年 その時日本は

1995年。
このときのNHKは、「戦後50年」の関連企画が目白押しだった。

その中の大型シリーズとして、「NHKスペシャル」の中で放送されたのが、「戦後50年 その時日本は」だった。

戦後50年間の様々な出来事を、当時の関係者の証言も交えて振り返るという内容だった。

ナレーション担当は「石坂浩二」氏。

60年安保、沖縄返還全共闘プラザ合意

当時、高校生だった私にとって、このシリーズは「日本の戦後史」を学ぶ大きな「教材」となった。

当番組に取り上げられたエピソードとして…

などがあった。

特に全共闘の回で、「共産党」系の「民青」が全共闘のことを

トロツキスト暴力集団」

と呼んで批判していたことが一番印象に残っている。*1

その後も、戦後10年刻みで特集を続けている

その後もNHK戦後60年(2005年)、戦後70年(2015年)と、10年刻みで大型企画・シリーズを放送している。
ちなみに戦後70年の大型シリーズは「戦後70年 ニッポンの肖像」だった。
こちらは「ちばてつや」氏のデザインしたキャラクターが戦後のあらゆる出来事を駆け抜けるオープニング映像が印象的だった。

それではまた。

*1:現在は「ニセ『左翼』暴力集団」という言葉を使用している。