豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

わが国のスポーツ振興って何か間違ってませんか?結局「ショーザフラッグ」できる人材しか育てないんだ。

こんばんは。

昨日、こんな記事を見た。

lite-ra.com

いやあ、あの「OMOTENASHI」スピーチの現場にもいた有森氏がねえ…
詳しくは紹介記事をご覧くださるとありがたいが、私もオリンピックがわが国のスポーツ、そして文化の発展に寄与するとはとても思えない。

勘違いしないでほしいが、私は2000年代までオリンピックを観戦して素直に感動していた。
長野オリンピック1998のスキージャンプチームの金メダルと原田雅彦氏の号泣インタビュー、アテネオリンピック2004での「栄光への架け橋だ!*1」というNHKアナウンサーの実況とともに繰り出した冨田洋之氏の鉄棒演技etc…

そのとき、私は「教育行政をつかさどる文部科学省がスポーツ関連もやっているっておかしくないか?『スポーツ省』みたいなものを作って『国民みんながスポーツに親しめる環境』を作れないものか」と思った。

その後、わが国政府が「スポーツ庁」という政府機関を設立したのは2015年。

しかし、実態は私の理想とは大きくかけ離れていた。

ナショナルトレーニングセンター」を作り、全国から選抜した「才能の原石」を磨くことをやっているようだが、要は「スポーツサイボーグ」の養成だ。

そもそもわが国は本当にスポーツが好きではない。
「スポーツの世界でNIPPONが登場すること」が好きなのである。*2
ゆえにサッカーでもFIFAワールドカップは注目されるがJリーグには見向きもされないなんてパターンがあったりする。

スポーツだけではない。文化教育面もそうだなあ。
ノーベル賞受賞できる人材を育てるとかね…

結局スポーツ振興なんてどうでもよくて、要は「ショーザフラッグ」に寄与できる人材を育てることしかしないんだろうなあ…我が国のスポーツ行政。

それでは。

*1:これはNHKのオリンピック中継テーマソング「栄光の架橋(ゆず)」とかけている。

*2:紹介記事タイトルにある「椎名林檎」氏が2014年のFIFAワールドカップNHK中継テーマ曲に「NIPPON」と名付け、「NIPPONスゴイ、NIPPON頑張れ」というような内容の歌詞を盛り込んだことは象徴的である。