豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

エースコンバットと不幸の科学制作のある映画。あとまたXBOX ONEが新型発売?

こんばんは。

ここ数日、先日購入した「エースコンバット6 解放への戦火」をプレイしていた。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

 しかし、「エースコンバット」シリーズをプレイしてると、不幸の科学…じゃなかった「幸福の科学」の制作映画を思い出したなあ。

hakaiya.com

わが国が「大国*1」に占領されるという内容だが、このレビューを見ていてまるっきり「エースコンバット」の世界観だなあとおもったわ。
大川隆法とその息子は「エースコンバット」の大ファンなんだろう。

大体「エースコンバット」のストーリは、

「辺境の小国」あるいは「平和主義政策をとっていた国」が、ある日突然「隣の軍事大国」に攻め入られて国土の隅っこに追いやられる、あるいは国土すら放棄して離島に「亡命政府」を作ってそこから大逆転

というのがほとんどだからねえ…*2

ちなみに、昨年「君の名は。」とともにヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」の監督はかつて「エースコンバット04」「エースコンバット5」のシナリオを手掛けたことで有名である。*3

あと先日開催された「E3」でXBOX ONEの新型が発売されることが発表された。

www.xbox.com

4K画質完全対応のハイスペック版。

おーい、来月の誕生日にXBOX ONE買う予定だったのに、これはないわ…
ゲームハードを購入した直後にそのハードの新型を出されて何度泣いたことか…*4
一応、国内での販売は未定のようだが…

それではまた。

*1:明らかに中華人民共和国をモデルにした国。

*2:例外的に「エースコンバット5」は「両大国の対立(と、その裏に潜む陰謀)」がテーマだった。

*3:ちなみに、来年発売予定の「エースコンバット7」のシナリオも手掛ける。

*4:特に「ニンテンドーDSi」購入した直後に「ニンテンドーDSi LL」を出されたときは思いっきり泣いた…