読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

フィギュアスケートなんて、もはやわが国しか盛り上がらないスポーツだ。

おはようございます。

昨日おとといのNHKニュースは「浅田真央引退」を延々と伝えていた。

しかし、フィギュアスケートなんて、もはやわが国でしか盛り上がらないスポーツになってしまっている。

会場フェンス*1に書かれているスポンサーを見てみなさい。

わが国の企業が多いだろう。
それも「パナソニック」や「ソニー」など世界的に有名な企業ではなく、「ジャパネット」だとか「アコム」とか、「ほかの国の人は知ってるのか?」というような企業の。

これは、もはやわが国でしかフィギュアスケートなんて楽しまれないことを意味している。
わが国企業が「投資価値がある」とスポンサー出資しているというよりも、「わが国企業しかろくに国際大会のスポンサーになってもらえない」、というのが実情。

他のフィギュアスケート強豪国*2は大会にスポンサーが全然つかず、選手たちも早々にプロに転向してアイスショー出演などで糊口(ここう)をしのいでいると聞いた。

フィギュアスケートは世界的に見放されているのだ。
下手したら「ハースストーン」の国際大会のほうが盛り上がっているのではないだろうか。

それにしても浅田真央氏、順当に芸能人になるんだろうな。
織田信成氏、姉の浅田舞氏同様に。

それでは。

*1:あるいは、演技終了後に採点結果を待つ場所「キスアンドクライ」。

*2:代表的なのはアメリカ、カナダ、ロシア。アメリカはミシェル・クワン氏が引退した後人気が暴落したと言われる。