読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

来月からのNHK大河ドラマ、音楽は菅野よう子。意外なことに大河ドラマ担当は初めて。

おはようございます。

NHK大河ドラマ真田丸」が終了した。
来月から放送される次回作「おんな城主直虎」の音楽担当が「菅野よう子」らしい。

www.nhk.or.jp

いうまでもなく、菅野氏の作曲家デビュー作は「信長の野望全国版」である。*1

その後、アニメやテレビ番組の音楽を多数手がけるが、実は大河ドラマの音楽担当はこれが初めてである。*2

うーん、最近のNHKコンテンツの質の低下が激しい*3ことから、次回から大河ドラマを見るのはやめようと思っていたのだが、昔からの「信長の野望シリーズファン」であることからこれは見なければ…

ではここで、私の「信長の野望」との付き合いを箇条書き。

  • 一番最初に触れたのは、「戦国群雄伝」のファミコン版。実はファミコンソフト初の1万円越え作品。*4
  • 主力ハードがプレイステーションに移ってからはほとんどやっていなかったが、パソコン購入を機に「天下創成」をプレイ。マシンスペック不足からまともにプレイできなかった…
  • 最新作「創造」はパソコン版とPSVITA版を持っている。
    PSVITA版は無印、パワーアップキットともトロフィー全収集している。
  • 菅野氏の作曲家デビュー作「全国版」は、Wiiバーチャルコンソール版と、スマホアプリ版でプレイした。

しかし、菅野氏は自分の作曲家デビュー作が「信長の野望」であることは「黒歴史」なのかねえ…
NHKFMの「ゲーム音楽三昧」でも登場しなかったし。
ドラゴンクエスト」のすぎやまこういち氏はあんなに誇りにしているのに。
すぎやま氏とともにゲーム音楽の地位向上に貢献しているんだけどなあ…*5

それでは。

*1:バンド時代にもいくつか作曲しているが、「キャリアとしての作曲」としてみたら間違いなくこれがデビュー作。

*2:NHKもう一つの大型ドラマシリーズ「連続テレビ小説」は数作品手がけている。

*3:特にNHKスペシャルにおいて、芸能人がナレーション担当することが常態化していることと、民放「ひな壇バラエティ」みたいにVTRに「ワイプ挿入」したり、芸能人同士のトークを挟むことなど。

*4:その後、スーパーファミコン時代にコーエーテクモゲームス以外の作品も1万円越えするとはだれが予想しただろう。

*5:このころ、菅野・すぎやま両氏以外にゲーム音楽を担当していたのはもっぱら当該ゲーム会社の社員だった。旧ナムコの小沢純子氏や、旧スクウェア植松伸夫氏など。