読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

昨日のバリバラはやはり面白かった。そしてこの問題もやはり「公認社会的弱者」の問題である。

NHKラジオ&テレビ

おはようございます。

皆様、ご覧になりましたか。

 昨日放送されたバリバラ「障がい者と感動」。

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

 

面白くて、重いテーマだった。

www6.nhk.or.jp

番組内容については後日アップ、番組終了後の討論も動画にしてアップするそうだ。

この中で、
「感動ポルノ」

という言葉が用いられていた。
「感動の押し売り」とほぼ同義語と思って間違いないと思う。

障がい者だけではない。
オリンピックもそうだな。
「感動をありがとう」「感動をもらいました」というやつ。
「オリンピックで誰それが金メダル獲得した」といっても「ふ~ん、それで?」と思うような人っていっぱいいると思うんだけど。
「それはよかったね」とは思うけど。

あと、「感動ポルノ」の「被写体」は私が普段から言っている「公認された社会的弱者」でなければならない。
「HIKIKOMORI」など、「公認されない社会的弱者」はむしろ「バッシングの対象」にされることが多い。
例えばある「HIKIKOMORI」が社会参加のための努力をしている所を報道したとしても、「そんなの当たり前じゃないの」「なにHIKIKOMORIの分際で不相応の夢なんか見てるんだよ」などと返されるのがおちだ。
最近ではNHKで報道された「相対的貧困」状態の高校生がいる家庭がそうですね。
「相対的貧困状態」の家庭が各所でバッシングされるのも、ひとえにこれが「社会的弱者として公認されていない」からに他ならない。

バリバラには今回の企画は良企画であるといいたい。
そして次は「紅白歌八百長」の裏で*1「バリバラLGBTレインボー歌合戦」を放送してほしい所。
男性陣と女性陣に分かれて「赤勝て白勝て」とか絶叫するだけの番組に嬉々として出演するアーティストがとても醜悪すぎるから。
今年は宇多田ヒカル*2が出演するのがほぼ確実ともいわれているしなあ…
宇多田氏も凡人にすぎなかったか…

それではまた。

*1:大体NHK交響楽団「第九」コンサート終了後かなあ。

*2:現在放送している連続テレビ小説の主題歌を歌っている。彼女は筋金入りの紅白歌八百長嫌いとして知られていた。