読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

バリバラのそこにシビれる企画に万歳。ついでにバリバラの沿革について綴る。

NHKラジオ&テレビ

こんばんは。

今日のツイッターのタイムラインを追っていたら、こんな記事を見つけた。

www.j-cast.com

NHKEテレで放送されている、障がい者を中心とする「社会的弱者・マイノリティ」を扱う番組「バリバラ」が、今月下旬に放送される日本テレビ系列「24時間テレビ」のクライマックスの裏番組として放送するんだそうで。

さすがバリバラ、そこにシビれるあこがれるゥ!!

もちろん私も当日はこの番組を視聴・録画するつもりだ。

バリバラの沿革。

さて、ここで、NHK視聴歴20年以上の私が「バリバラの沿革」について綴る。

www6.nhk.or.jp

バリバラはもともと、障がい者・マイノリティの人たちが職場・学校・地域社会などで頑張る姿を伝える番組「きらっといきる」の「月イチ企画」として放送されたものだった。

「きらっといきる」は、どちらかというと24時間テレビと同じような、「けなげに頑張る姿が素敵ですねえ」という形での伝え方だった。
で、そういう接し方・伝え方を打破しようとして企画されたのが「バリバラ」というわけ。

「月イチ企画」時代からバリバラはぶっ飛んでいた。
例えば、「海外のテレビ局では障がい者をどのように伝えているのか」といったものがあり、そこではバラエティ番組で身体障がい者がいろいろ「いじられる」姿があったりした。けっして虐待ではない。お笑いコントのワンシーンでだ。
他にも、紹介した記事にもあるように「性(セックス)」についても伝えている。

「タブー」と「ステレオタイプな障がい者像」をぶち壊す内容が受け、バリバラは「きらっといきる」の後継番組という形で単体番組となったのである。

この沿革、ダイヤモンドオンラインの池上正樹コラム「引きこもりするオトナたち」も同じだなあ。
最初「男の健康」コラム内の「一コーナー」だったものが、その後単体コラムになったところがさあ。

diamond.jp

「きらっといきる」といえば、MC*1小林紀子氏は元気かなあ。

それではまた。

*1:マスターオブセレモニーの略。覚えておいて損はないですよ。