読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

ある「セックスアピールアイドル」のこと。

その他

おはようございます。

今日はある「セックスアピールアイドル*1」のことについて綴りたい。
(以下、かなり性的な発言が多いので折りたたみます。)

最近、あるセックスアピールアイドルのDVDに「全裸*2の男性」が映りこんでいたことが騒動になった。
その後、当のセックスアピールアイドル本人は、「あれは担当のカメラマンであり、そして自分の『法律上の夫』である」と釈明。
その後、セックスアピールアイドル本人も、今回の騒動の責任を取って芸能活動全体から引退すると発表した。

私は10年以上前から、彼女のファンだった。
さすがにDVDは買うのに抵抗があったが、漫画雑誌を中心に、彼女のグラビアページが掲載された雑誌はこぞって買い集めていた。
写真集も1冊買ったかな。

彼女の公式ツイッターもフォローしていた。
以前から姪っ子のことをよく綴っていたが、数年前に甥っ子もいることが分かり、同じ甥っ子のいる身として妙な親近感が沸いた。

最近は舞台演劇に出演するなど、「セックスアピールアイドルからの脱却」を進めているのかなあと思っていた矢先の騒動だった。
実に残念でならない。

さて、ここから本番。

彼女自身も釈明で綴っていたが、今回の騒動は「セックスアピールアイドル活動している人たち」全体への不信感を強めることになった。

要は「本当に性行為をしているんでしょ?」ということ。
「性行為・性的虐待ビデオ*3」と実態は同じなのだ、と。

大体セックスアピールを見せつけられて平然としていられるはずがないんだよなあ…
問題になったDVDにも「疑似フェラチオ」「疑似挿入」があるし、セックスアピールアイドルDVDの大半にもこの手のシーンがいっぱいだ。

そもそも彼女たちのやっていることって、売春婦と変わらないんだよね。
「性」を言葉のとおり「売り物」にしているのだから。

そして今回のカメラマンや監督などコンテンツ製作スタッフや、あるいは政治家や資産家たちに彼女たちは「奉仕」しているのであろう*4
いわば「上級国民向けの売春婦」。

私たち下級国民は、もう彼女たちに幻想なんて持ってはならないのかもしれない。
というよりも、彼女たちを「おかず」として見れなくなってしまったではないか。
あーつまんね。

それでは。

(追伸)
また別のセックスアピールアイドルとして活躍していた人が、(あくまで噂だが)その手の店で働いていたらしい。

sirabee.com

最近は「その手の店」が「女性たち最後のセーフティネットになっている」と、クローズアップ現代などで放送されていたしなあ。

セックスアピールアイドル≒セックスワーカーという認識でよさそうだなあ。

*1:いわゆる「グラビアモデル、グラビアアイドル」のこと。単に「グラビア」だと、ファッションモデルの雑誌写真なども含まれるので、主に乳房部分を中心とした「セックスアピール」を強調しているグラビアモデルのことを私はこう呼びたい。

*2:股間も隠していなかった。

*3:「アダルトビデオ」などと婉曲表現はしたくない。

*4:同時期に別のセックスアピールアイドルがある人気漫画家と「接触」して妊娠していたことが発覚した。近々発売される、その人気漫画家がキャラクターデザインを担当したゲームソフトに彼女が声優として出演していることから「枕営業」とうわさされている。