読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

日本式PtWゲームはもはや法規制が必要でないかい?

おはようございます。

私は弊ブログで日ごろから日本式PtWゲーム*1の「ガチャ」問題を綴り、各種メディアの記事を載せているが、今度はロイター通信もこの問題を取り上げた。

jp.reuters.com

記事にはこうある。

業界ぐるみの自主規制機運も高まり、日本オンラインゲーム協会(JOGA)がガイドラインを公表。コンピュータエンターテインメント協会(CESA)も独自のガイドラインを27日にも公表する方向で調整を進めている。

しかし、複数の団体や企業がバラバラに動く中で、ルールから抜け落ちる企業が出てくれば、法的規制が動き出す可能性もある。

「ルールから抜け落ちる企業」ねえ…
どういう企業のことを言っているかはわからないが、おそらく各種業界団体(オンラインゲーム協会やコンピュータエンターテインメント協会など)に未加盟の企業のことかなあ?

ねえ、稼働当初は英雄の「レア度別の提供確率の表記」をしていながら、昨年になってその表記を削除した「時空覇王伝」およびその運営会社ASJさんよお!!!

私は業界団体のモラルや取り決めには何も期待していない。
以前の記事に綴った「パズドラ」の抜け道を見ても明らかだ。
いい加減に「法による介入」が必要ではないかと思っている。
新しい規制法を作ることになるのか、既存の法律*2を適用することになるのかはわからないが。

それではまた。
春くじ3日目と4日目、録画してYoutubeアップします。

*1:いわゆる「ソーシャルゲーム」。PtWとは「Pay to win」の略。「P2W」とも表記される。

*2:例えば「風営法」など。