読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

私とゲーム・番外編「とかくこの世はライクゲームだらけ・Part3」

PtWゲーム全般 スマホゲーム 私とゲーム

こんばんは。

今日は久々に「とかくこの世はライクゲームだらけ」の第三弾をつづる。


さて、この世に氾濫している「ライクゲーム」たち。

これらを楽しむ利点と欠点を今回はつづっていく。

利点

  1. ライクゲームたちはたいてい、元となったゲームが抱える欠点を改善していることが多い。
  2. 元となったゲームをベースとしつつ、キャラクターとのコラボレーションなど付加価値を加えていることが多い。

欠点

  1. やはり所詮はライクゲームなので、「作品ならではの魅力」に乏しすぎる。
  2. これが一番の問題だが、一度人気となったゲームが出ると、どのメーカーもライクゲームばかり作って開発力の低下を招きかねない。

例えば戦国IXAライクゲーム「時空覇王伝」は、複数プレイヤー間の合流攻撃が元である戦国IXAに比べ、調整等がやりやすくなっている。

また、クラクラライクゲーム「ドミネーションズ文明創造」は、元のゲーム「クラッシュオブクラン」にはない、「一点への集中攻撃」コマンドがある。

その一方で、スマホゲーム界隈を見てみると、もう本当に「ライクゲーム」…というか「ほとんどパクリ」としか言いようのないゲームであふれてしまっている。
「本当に大丈夫かゲーム業界」と心配になってくる。

まあ、今は東京ゲームショウスマホゲーム中心になっているし、行きつくところまで行くしかないのかなあ…