読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

私とゲーム・第十三回(最終回)「デジタルゲームの未来」

こんにちは。昨日記事が書けなかった…
9月に入り今年も残すところあと122日ですわ。

第十三回「デジタルゲームの未来」

XBOX360を購入してから3年が経った。

現在私が所持しているゲームハードは…

の6種類である。

そのうち3DSPSVITAを除いてはみな退役済みか、後継機種が発売されて退役しつつあるハードばかりだ。

そして、ここ10年の間にデジタルゲーム市場を取り巻く状況は大いに変わった。

 

  • 「基本プレイ無料」が主流になってきた

数年前にガラケーにおいてグリーやDeNAが手掛けたゲームサービスでこのビジネスモデルが大当たりし、現在はスマホ、PC、そして各種ゲーム機でも提供されるようになってきた。
現在私がプレイしている「大航海時代5」「テトリスモンスター」「ゴシックは魔法乙女」「千年勇者」いずれも基本プレイ無料である。

  • ゲーム機向け市場が縮小してきた

それに伴い、現在のゲーム機向け市場が大きく縮小しつつある。
任天堂がここ数年で赤字経営に陥り、先述のDeNAと資本・業務提携することになったのは象徴的だ。
アメリカではまだまだゲーム機*1が元気だが、日本市場においてはゲーム機向け市場の未来は暗いと言わざるを得ない。

そこで、私の独断と偏見によるゲーム機メーカーの未来予想図。

はっきりいって未来はないと思う。
任天堂がDSとWiiで開拓してきたライトゲーマー市場が完全にスマホを中心とする基本無料ゲームにそっくり流れてしまっているから。
「スプラトゥーン」が今人気らしいが、再生のカギにはならないと思う。
かつてのセガのように、スマホなどのゲームコンテンツ提供会社に転身することになると思う。
そして「amiibo(アミーボ)」をスマホゲームに適用させるのではないか。

任天堂よりはまだ未来はあるが、問題は親会社であるソニーグループの苦しい経営状況。
最近、PCブランド「VAIO」がソニーから完全分離されてしまったが、最悪この会社もVAIOと同じ道を歩む可能性がある。

もともと「Windows」OSのメーカーであり、ゲーム機市場では最後まで生き残るものと私は見ている。
日本市場では壊滅的状況だが、世界市場ではまだまだ元気。

以上。

あくまでもこれは私の独断と偏見である。

私自身、現在は仕事をしていることもありゲーム機系のゲームはほとんどやっていない。
討鬼伝も最近はやってないなあ…(-_-;)

 

デジタルゲームに接して30年以上経過したが、この30年で本当にデジタルゲームはいろんな形に様変わりしてきた。
そんなデジタルゲームの歴史の生き証人になることができたのは幸せかもしれない。

とりあえず、連載コラム「私とゲーム」はここで筆をおこうと思う。

それではまた。

*1:この場合ゲーミングPCも含める。