読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

私とゲーム・第十回「DS、そしてWii」

おはようございます。相変わらず朝から暑く、セミが鳴いてます。
今年は群馬県館林市が暑いみたいですね。
埼玉県熊谷市も相変わらずですが。

第十回「DS、そしてWii

私が再びデジタルゲームに戻ったのは2006年。
この時、私は胃腸の病気で1か月入院していた。
退院後もしばらく療養しなければならず、とにかく手持無沙汰だった。

この頃はDSも新機種「Lite」が発売されており、比較的手に入りやすくなっていた。
私は近くのスーパーのおもちゃコーナーで予約し、ソフトと一緒にDSLiteを購入した。

その時購入したのは「だれでもアソビ大全」。

トランプゲームやボードゲームなどが収録されたゲームであり、この手のゲームに傾倒していた私にうってつけのゲームだった。

前回記事で紹介した「コントラクトブリッジ」も収録されている。

タッチペン操作が「ゲームをするにはうってつけ」で驚いた。

直感的に操作ができる。

さすがは任天堂と思った。

 

もう一つ、私がデジタルゲームにもどすきっかけとなったゲームハードがある。
同じ任天堂の「Wii」である。

この時、WiiFitという「ゲーム機を前にヨガや筋トレをしよう」というゲームが注目を集めていた。

 

DSとWii
いずれも私含めてデジタルゲームから離れていた層をうまく引き戻す戦略をとっていたと思う。

私は結局Wiiも購入し、デジタルゲームライフに回帰することになった。