読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

私とゲーム・第七回「プレイステーション…新たな天下人の出現」

おはようございます。今日から8月、今年も残すところあと153日となりました。
暑さで少々気分が悪い。

第七回「プレイステーション…新たな天下人の出現」

1990年代中盤、当時私は高校生だった。

学校の授業についていくのが精いっぱいで、部活とか課外活動に打ち込む暇はなかった。

それでもデジタルゲームを止めることはできなかった。まあ、タバコ好きにとってのタバコのようなものかもしれない。

 

デジタルゲーム市場はいまだ任天堂の天下だったが、その雲行きは大いに怪しくなっていた。
以下、主な要因。

  1. この頃、スーパーファミコンの一作品当たりの希望小売価格*1が軒並み1万円を超えるようになっていた。
    ドラゴンクエスト6」「ファイナルファンタジー6」、マニアックなところでは「ザ・モノポリーゲーム2」など。
    それまでは価格1万円超えはせいぜい光栄(現コーエーテクモゲームス)の歴史シミュレーションゲームシリーズくらいであった。*2
  2. そんな、1万円超えが相次ぐようになったスーパーファミコンはじめ、ROMカセット方式に限界を感じた各ハードメーカーがCD-ROM方式のハードを続々出すようになった。
    セガの「セガサターン」、NECホームエレクトロニクスの「PC-FX」、パナソニック他の「3DO」など。*3
  3. 当の任天堂も、スーパーファミコンの周辺機器として、かつての「ディスクシステム」をほうふつとさせるCD-ROMシステムを計画していたが*4、結局頓挫したこと。
    この時のプロジェクトの名称が、プレイステーションであった。

私は、それでも任天堂の天下は揺るがないのではないかと思っていた。
今でいう「任天堂信者」というべき心境にあった。
人気メーカーやシリーズブランドをたくさん抱えており、なにより次世代ハード「ニンテンドー64」の発売を決めている。
そして「ニンテンドー64」にはドラゴンクエストファイナルファンタジーのシリーズ新作が発売される予定とされている。
まだまだ、任天堂は10年戦える…。

そんな私の考えを粉々に砕いたのが、任天堂とのCD-ROMシステム共同計画が頓挫した後、自らの手でデジタルゲーム市場に新規参入することを決めた「ソニーコンピュータエンタテインメントSCE)」の新生プレイステーションであった。

発売当初は参入メーカーも少なく*5、先述の「セガサターン」などに比べて一歩劣る位置づけだった*6が、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)が徹底して肩入れするようになると市場全体がプレイステーションに注目する。

私がプレイステーションに出逢ったのは高校3年のころ、弟がお小遣いを貯めて買ってきて、「一緒に遊ぼうぜ」と言ってきたことである。
そのとき一緒に買ってきたソフトが「鉄拳2」と「バイオハザード」。
前者は3Dポリゴンの人物が殴り合う対戦格闘ゲーム。ボタンの押し方でスムーズに連続攻撃ができるところが面白かった。
後者は「サバイバルホラーアドベンチャーゲーム」の金字塔。
いわゆる「ゼルダ式」であるが、前者と同じく3Dポリゴンで構成されたゾンビなどの敵キャラに、視界と所持アイテムが制限された状況下で切り抜けるシチュエーションには恐怖とともに「新世代のデジタルゲーム」ならではの魅力を感じさせた。

「ああ、今度こそ、任天堂は負けるだろうな」
私はそう思った。

かくして、結果はその通りとなった。
ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」など、人気シリーズブランドの最新作が、軒並みプレイステーションで展開することになったのである。

そしてプレイステーションは10年以上、デジタルゲーム市場の天下人として君臨することになったのである。

なお、私が大学合格の通知をもらったのは弟と「鉄拳2」の対戦プレイをしていた最中だった。

*1:消費税を含まない本体価格。念のため。

*2:あと、囲碁や将棋のデータベースなど。

*3:もちろん、それ以前からNECは「PCエンジンCD-ROM2(ロムロム)」、セガは「メガCD」というCD-ROMハードを出していたが、どちらかというとマニア向けのものであった。

*4:実際、当時のファミリーコンピュータMagazineに全容イラスト付きの特集が掲載されていた。

*5:完全新規参入は「フロム・ソフトウェア」くらいしかなかった。

*6:3DOに「ストリートファイター」や「信長の野望」の新作が発売されたりしたが、当時のプレイステーションにはこれらすら発売されることがなかった。