豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

私とゲーム・第三回「ストラテジーゲームとの逢瀬」

第三回「ストラテジーゲームとの逢瀬」

10歳の私はRPGにのめり込んでいた。
あれから1年、私はあるファミコンゲームのCMに目を引かれた。



ファミコンウォーズCM - YouTube

 

「ふぁみこんうぉーずがでーるぞー!」「ふぁみこんうぉーずがでーるぞー!」
「こいつはどえらいしみゅれーしょん」「こいつはどえらいしみゅれーしょん」
「のめりこめるのめりこめるのめりこめるのめりこめる!!!」

 

「どえらいシミュレーション」…
今でいえば「どえらいストラテジー」となるのだろう。
このCMは私の目と耳に強烈なインパクトを残した。
また、ゲームプレイ画面が存在ないCMだったため、「どえらいシミュレーション」の中身がわからなかったことも、このゲームを欲しくなった一因となった。

「どえらいシミュレーションか…RPGとはまた違うんだろうなあ。」

例によって、私はクリスマスに「ファミコンウォーズ」を買ってくれるよう親にねだった。

そしてクリスマス、ついにファミコンウォーズを入手。

その中身は、「兵士や戦車などを生産し」、「敵と交戦しつつ街などの拠点を占領し」、「敵基地占領か、敵部隊全滅を目指す」ゲーム。
つまり「ターン制ストラテジーゲーム」であった。

いろんな形を持った島を舞台に、レッドスター軍とブルームーン軍に分かれて戦う。
すべてのエリアをクリアした後、最後のエリアが始まるということだったのだが。

私は、ファミコンウォーズをクリアすることはできなかった。

理由は、セーブしたデータが頻(しき)りに破損することだった。少しカートリッジの差し込みが甘く、画面が映らなかったのでもう一度さして起動し、「再戦」を選んでもタイトル画面に戻るだけ、というのがよく起こった。

私はこの現象を目の当たりにして心が折れ、結局クリアはあきらめざるを得なかった。

ファミコンウォーズを制作したスタッフは、のちに「ファイアーエムブレム」を作ることになる。


任天堂 ファイヤーエムブレムの懐かしいCM - YouTube


ファイアーエムブレムは私には合わなかった。
味方ユニットを大事に大事に扱い、力を合わせて悪の帝王を倒す、というのは私が考える本来の*1「ストラテジーゲーム」とは少し違うのではないだろうか、と感じたからである。

その後、私と友達は「信長の野望」「三國志」など、コーエーテクモ歴史シミュレーションゲームにも触れた。
三國志」においては「誰かが呂布を引き抜くことは禁止だ。引き抜いたら絶交だからな」という「ルール」が設けられたりした。

RPGとストラテジー、小学生のうちにこれら人気ジャンルに接することができたのは、私のゲーマー人生にとって大きな糧となった。

それにしてもファミコンウォーズファイアーエムブレム式の要素*2が取れあげられていたのは幻滅したなあ。

 

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

 「ストラテジーゲーム」という用語を使う理由はこちらを。

 

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

 

次回はゲーム情報メディアについて綴る。

*1:各種兵器はただの駒、替えはいくらでも利くのでまた生産すればいい、という考え方。

*2:悪の帝王の存在や、「ショーグン」という名のキャラクターなど