豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

私が提唱する「地域発テレビ小説」は、新進脚本家の登竜門にすると面白いかも。

こんにちは。今日から7月。今年も残すところあと184日。
ちなみに私の誕生月です。
さあ、ここからこの日数が劇的に少なくなるよ。

 

さて、昨日含め、何度か綴らせてもらったNHK連続テレビ小説の改革案。

 

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

  

sgtyamabuunyan.hatenablog.com

 

今回は、私が提唱する「地域発テレビ小説」のもう一つの効用を説明したい。

それは、「新進脚本家の登竜門」としての役割である。
脚本家だけではない。テレビドラマ制作に携わるすべての方の登竜門。

そこで、NHKには以下のことを導入してもらいたい。

  1. NHK都道府県放送局は、地元で活躍している劇団員や、脚本家を目指す人たちに作品の公募、オーディションを実施する。
  2. いわゆる「ヒーロー、ヒロイン」も、もちろん地元の人を採用する。

私は、「地域発テレビ小説」が、漫画雑誌の「月例賞」のようなものになってほしいと願っている。

そもそもNHKは、「公共放送」として、後進のテレビコンテンツ制作者を育成する義務があると思う。

実際、「ミニミニ映像大賞」もやっているNHKだ。不可能ではないと思う。

といっても「連続テレビ小説」は民放のテレビドラマの比ではない影響力を持つコンテンツだ。私の提唱なんて聞いてくれないのは重々承知だ。

それでも私は「地域発テレビ小説」への改革を主張する。

 

それではまた。討鬼伝は朧系の素材が取れず困っています。