豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

私が「ストラテジーゲーム」という呼称を使う理由。

こんにちは。

 

今回は弊ブログで「ストラテジーゲーム」という呼称を使う理由について述べる。

 

私はストラテジーゲーム(軍事戦略ゲーム)が好きだ。

信長の野望」「大戦略」「ファミコンウォーズ」「ファイアーエムブレム」などなど。

 

かつて、これらストラテジーゲームは「シミュレーションゲームSLG)」と呼ばれていた。

80~90年代に存在していたゲーム情報誌「マル勝ファミコン(後にスーパーファミコン→ゲーム少年に改題)」のコラム「SLG見聞録」はもっぱら「シミュレーションゲーム=ストラテジーゲーム」として扱っており、当時スーパーファミコンで話題になっていた経営シミュレーション「シムシティ」すら取り上げられなかったと記憶している。

中には「シブサワ・コウ」こと光栄(現コーエーテクモゲームス)の経営者の方の連載コラムもあった。

 

しかし90年代中盤以降、先述の「シムシティ」をはじめ、軍事戦略以外のシミュレーションゲームが登場すると、「シミュレーションゲーム」というジャンルは混沌を極めることになる。

 

軍事に経営、恋愛、はては電車や飛行機操縦、パチンコパチスロに対しても「シミュレーションゲーム」という呼称が使われてしまうことになった。

 

実際、PS storeで「シミュレーションゲーム」というジャンルを調べてみると、かつて私が親しんだ「ストラテジーゲーム」よりも、いわゆる恋愛もの、「ギャルゲー」の率が高くなっている。

 

もっとも、ここまでストラテジーゲームが落ち込んでしまったのは、かつて「大戦略」などを生み出していた「システムソフト・アルファー」が「クソゲーオブザイヤー」の常連になり、またコーエーテクモの「三國志」最新作が悲惨な出来になってしまっているなど、ストラテジーゲームの作り手たちが劣化してしまった点もある。

いまや洋ゲーCivilization」がストラテジーゲームの代表になってしまっている。

 

シミュレーションゲーム=ストラテジーゲーム」として育った世代としては、悲しい限りだ。

 

それではまた。