読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚猫大好きぶーにゃんのゲーム&趣味日和

豚みたいに丸々太った猫が大好きな私、ぶーにゃんのゲーム、趣味をつづった日記です。カテゴリによっては(特にNHK)かなり主張めいたものが多いので不快であれば興味あるカテゴリのみブックマークくださると幸いです。

いたよいたよ、廃課金プレイヤーが。時空覇王伝の大問題が!

どうも、5時起きの仕事から帰って来てまだ眠気が取れない豚猫大好きぶーにゃんでございます。

 

昨日、第2回目の時空戦が終わった。

私が敵陣営の本営を攻めていたとき、ある敵プレイヤーが私の要塞(戦国IXAで言うところの陣)を破壊しに来た。

その報告がこちら。

f:id:sgtyamabuunyan:20130424131452j:plain

攻撃側の発動スキルの主の名前に注目してほしい。

ジャンヌ・ダルクはゴールド英雄、エリザベス1世はブラック英雄、そしてシーザーとチンギスハンはホワイト英雄(戦国IXAでいうところの天武将)である。

よく、レビューサイトで「時空覇王伝は無課金・微課金プレイヤーが束になっても、ホワイト英雄を抱える廃課金プレイヤーには敵わない」ということを良く見かける。

そして「このゲームはブラウザ戦略ゲームの皮をかぶった喪屍喪屍ゲームなのだ」とも。

もちろん、ホワイト英雄のコストは軒並み8であり、それなりにコスト制限の枠を割かれる。

しかし、戦国IXAの天武将はコスト制限30(無課金の場合)のうちの3.5~4コストであるのに対し、時空覇王伝のホワイト英雄は制限が110(無課金の場合)のうちの8コストでしかない。

 

これが何を意味するか。枠への圧迫感が違うのである。

時空覇王伝の場合は8コストなんてほとんど重みを感じないレベルなのである。

こういうのが束になってかかれるのだから、そりゃあ戦闘のバランスなんて崩壊するわな。

 

おそらくこの人、セット召喚パックで引き当てたものと思われる。

セット召喚とは、必ずお目当てのホワイト英雄を引き当てられる300枚パックのくじである。

300回引くうちにかならず1度ホワイト英雄にお目にかかれるのだ。

これは1回引くのに300円する。

つまり1枚のホワイト英雄につき300回で90000円支払っている。

で、2枚あるので180000円。恐ろしい!家電が買えるじゃないか!

 

案の定、この相手はダントツ勢力トップ。

 

それにしても、時空覇王伝の製作スタッフはゲームバランスというのを考えられなかったのだろうか。

で、その開発・運営会社であるASJ社について調べてみた。

ほうほう、いわゆる「ITシステム構築企業」ですな。

いわゆるゲームメーカーではない。

 

これで、謎は解けた。やはり喪屍喪屍ゲームをやりたかったんだろうなあ。

 

喪屍喪屍ゲームを運営する会社はDeNAをはじめゲームメーカーとは畑違いの会社が多い。

(もちろん下請けにゲームメーカーを使役していることはある)

 

まあ色々文句を述べてきたわけだが、それでも面白いゲームであるのは間違いないので付き合ってはあげますよ。このブログのメインのネタにもなってるし。

 

それではまた。